音ネコと遊んでくれ!

30代音楽男の雑記ブログ

wacomのintuosが我が家にやってきたぞ!

昨日のブログでも書いたように、アマゾンでぽちったペンタブがさっき届いた。

wacomのintuos Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

である。

ブロガーっぽくとりあえず写真撮った。

こんな感じ↓

実物の写真

 

f:id:izyouari:20170509120514j:plain

f:id:izyouari:20170509120525j:plain

f:id:izyouari:20170509120535j:plain

f:id:izyouari:20170509120631j:plain

f:id:izyouari:20170509120641j:plain

f:id:izyouari:20170509120650j:plain

最後の写真にうつってる350mlカンは大きさがわかりやすいようにとの僕の配慮です。

決してビールが飲みたくなって冷蔵庫から取り出したわけではない。 

 

 

さっそくバンドルのArtRage Liteをつかって絵を書いてみる

 んでね、これってバンドルでお絵かきアプリをダウンロードできるっていうんで、さっそくwacomにユーザー登録しーの、ダウンロードし―の、インストールしてみた。

うん、絵を描くのは慣れるまで難しそうだけど使える。僕はかんたんな落書きみたいなのをかければいいからこれで十分そうや。

 

初めてのペンタブ絵↓

f:id:izyouari:20170509121709p:plain

サイズの設定とかもよくわからないからブログにちょうどいいサイズにできず!!残念!!

てか、その前に自分の画力が残念!!

絵なんて全然書いたことないから勘忍しておくれ・・・

 

日本語入力の仕方もよくわからん。

ぐす、、、ぼちぼち覚えていくもん。

これ使って記事に挿絵を添えていくぜぃ!

 

5月31日追記

役1ヶ月使ってみての感想。

最初は全然うまく線が描けなかったけど、少しずつ慣れてきたよー。

ただ、線と線を綺麗に繋がるのはわりと難しい。

液晶のペンタブではないからどうしても手元と画面のシンクロが難しいのは当たり前なのかもしれないけど。

綺麗につなげようと思ったら、かなり拡大するしかなさそうです。

あとはこの本体に関しては今の所不満はないです。プロの絵描きさんなんかは、筆の重さとか握り具合とかいろいろ意見はあると思うんですが、僕くらいのライトユーザーはこのintuosで十分。

もっと綺麗な絵が描きたいとか効率よく描きたいとか、そういう欲求が出てきたら、ペンタブを良いものにするよりか、絵を描くソフトを変えてみたほうが良い気がします。

実際、付属してたソフトはあまり使いやすいとは言えないかも。

なのでイラストレーターを導入するか考え中です。

結論

wacomのintuosはたまに絵を描くくらいのライトユーザーには買いだと思います。

まあお金がある人は液晶のやつとか買ったらもっと楽しいのかもしれないけど、とりあえず安く済ませたいならこれにして損はないと思います。

wacomってメーカーとして信頼されてるから、不要になってもそこそこの値段で売れるしね(´・∀・`)

あとサイズもSで良いと思う。デカすぎるとたぶんめっちゃ腕疲れます。